高尾が上級堅持!井山の七呼び名専売崩れ落ちるの文章を観て

第41期ナンバーワン戦履行手合い第七局、井山裕太ナンバーワン対高尾紳路九段、三勝三敗で迎えた第七局で有った。
今回は初戦から3戦迄、高尾九段が3連勝、4戦以来6戦までは井山裕太ナンバーワンの3連勝のパッションの入った7番勝敗であった、井山ナンバーワンが負けるとナンバーワンと7肩書きが無くなる競り合いで有った。きのう、「ニコッ画像」に早朝9:30時分からシガミ張り付くレヴューは、片岡聡九段、オーディエンスは、下坂美織二段で有った。2日光目線の午前中は互角で有ったが、昼過ぎに入ったら自棄に高尾九段の厚みが目に付いてきた、右手後述からの競りで井山ナンバーワンの石が取られてしまった。俺は四戦からの競り合いを観ていたが井山ナンバーワンの後半からの勢いは並大抵ではない、素人目には不利としておる碁を、下部以降は力で捩じ伏せるのである。今回のレヴューは、きめ細かく何種類もの打ち方を紹介して呉れていた、但し、ヨセも終盤に成った事例では10目線くらい高尾九段リーズナブル、先、勝ちを意識したのか高尾九段の方策が緩み、2目線幾分の高尾九段勝ちで終わった。高尾九段は、10時世風のナンバーワン復職、平成四天王というピークの時分を髣髴するような抵抗風で有った。高尾紳路ナンバーワン復職おめでとうございます!今季、井山は、4ひと月十段を獲得し七肩書きとしたがナンバーワン戦に敗れ六肩書きに衰勢した。七肩書き保存日数197日光であった。将棋の羽生7肩書きのスケジュールを超えたそうである。ベテランの高尾紳路開始平成四天王の奮戦と、井山裕太六肩書きを始めとするする20フィー棋士、ティーンエージャー後半の棋士も頑張っている、これからの囲碁界は尚更楽しくなりそうである。囲碁界の調教を祈ります。オリゴのおかげに効果はあるのか

高尾が上級堅持!井山の七呼び名専売崩れ落ちるの文章を観て