偶然出会った観葉植物、今度こそ枯らすことなく上手に育てたいな

営業の多忙を理由に、自宅を購入したものの内部が結構殺風景なクラスが続いておりました。
実に真夜中帰宅して寝てまた朝方店先に行く四六時中で、内的がカラカラに乾燥していたクラスでしたが、とある一瞬100均の慣用植物端でチャーミング性質をした植物を瞳にし、何となく購入してしまいました。
呼び名はカランコエという多肉植物で、ニックネーム子宝草といいます。成長するたびに葉の末端に子株がどんどん増えてきて、そしてすくすくと育成を遂げるのです。
見ているだけではなはだ癒されるようになり、常々営業から帰ってそのカランコエの育成風を探るのが楽しみになってきました。
そうしてまさに自分の内的も癒されているなと受け取るようになってきました。営業でジリジリが募るとなんとなく愚痴りたくなってしまっていたのですが、それが現下ないのです。
営業の忙しさは貫くんですけどね、これもこういうちっちゃな観葉植物のお陰様なのかなと感じますね。
今までも観葉植物を育てていたことはあったんですが、全品枯らしてしまっておりました。なぜかというと水をあげ忘れてしまったり、サプリを与えていなかったり、という感じで植物を手つかずだったんですね。
そこから現在は育成できているのかな。というのもいつの間にか近頃恋人が行なえまして、将来の筋道もたまたま出てていらっしゃる状態なのです。子宝草を偶然にもゲットできたのは何かの証なのかなと感じておりまして、これから自分の生活も変えなくてはと考えていた矢先でしたので、これをきっかけにして今度は上手に植物を育てていきたいなと思っています。今年も毛がにのお取り寄せをお願いしました。

偶然出会った観葉植物、今度こそ枯らすことなく上手に育てたいな